援交掲示板や家出掲示板を使う「ヤリマン」少女たち

最近の女の子は、セックスにたいして開放的です。
「セックスするときれいになれる」「セックスは気持ちいいし、身体にもいいことなのでどんどんした方がいい」そんな感覚なのです。
処女のままだと友達同士でHの話が盛り上がっても会話に入れないため、早く処女を捨てたいと思うようです。
セックスにはまってしまい、彼だけでは不満になって、援交掲示板、家出専用の掲示板など利用して相手を捜す子もいるようです。
そして、セックスした相手の数を競争する「ヤリマン」の女の子達もいるみたいですよ。
援交掲示板や家出専用掲示板で相手を見つけた場合、お金をもらえたりするため、お小遣いかせぎにもなるしやめられない、という理由もあるようです。
そんな女の子と出会ったとしたら、やはり注意しなくてはならないのが病気です。
若い女の子は特に病気に関しては知識もなく、深く考えたりしません。
もし病気にかかったとしても親に言えるはずもなく、治療もできないままの状態です。
援助交際も注意が必要です。
年齢を偽っている女の子も多く、実際は未成年ということもあります。
未成年と性行為したとなれば犯罪になってしまいます。
是非注意してください。

援交掲示板時代の変化

出会い系サイトが世に出てからだいぶ時間が経ち、時代の流れとともに、サイトを利用する目的も変化しています。
かつては純粋に、出会いを求める男女のきっかけ作りの場所として利用されていました。サイト経由で知り合ったカップルが、メールのやりとりで親交を深め、いずれ実際に対面し普通の恋人同士になっていく・・・つまりサイトは出会いの1つのバリエーションに過ぎなかったのです。
しかし、現在は少し状況が異なっているようです。
最近の出会い系で多く見られるのが、援交やセフレや不倫相手など、大人のつきあいや肉体関係を目的としたものが多くなりました。
家庭以外に出会いを求める既婚者などにとっては、ネット上の出会い系サイトはうってつけなのでしょう。
サイトでのプロフィールや、掲示板への投稿なども、最初からそうした目的を堂々と記載する男性も多くなりました。援交掲示板なんてあからさまな書込みも多いです。
もちろん、やっかいな「サクラ」も多数潜んでいますから、実際の状況はよく注意してみないといけませんが、それでも、そうした大人の関係を求めるユーザーたちは確実に増加しています。
こうした目的を持つのは、20代後半あたりが主流ではないかと思われるかもしれませんが、意外なことに10代で既に、こうした大人の交際を求めて登録するユーザーがいるのです。
もちろん、広い意味での「出会い」と考えれば、こうした目的自体が間違っていると即断することはできませんが、かつてのような純粋な出会いを望むユーザをしのぐ数で、こうしたアダルトな書き込みが増えているのが現実です。
また、サイトへの書き込みで変り種と言えば、品物のオークションなどの売買を目的とした書き込みも挙げられます。
そういう目的ならオークションサイトでやれば?と思う方もいるでしょうが、実際に出会い系サイトの掲示板にブランド品譲りますと言った書き込みを見つけることも多々あります。取引の打診ですから、商品の画像とあわせて値段もきちんと掲載されています。
実際に取引が成立したか否かは定かではありませんが・・・。
そのほか、出会い系サイトへの変わった書き込みとしては、援助交際を求める男女からのものがあります。
援助交際は社会問題となりましたので、かつてより数は減りましたが、今でも決して少なくはありません。このように、出会い系サイトの利用方法や書き込みのないようも、時とともに変わってきたのです。そして、これからもユーザーのニーズを考慮しつつ、時代の中で変化を続けていくことでしょう。

隠語のようなものが存在します

援交掲示板でこんなカキコミを見かけた事はないですか?
「ホ別」この意味は「ホテル代は別」という意味です。つまり援助交際が2時間で3万円という条件だとすれば、男性が実際に支払うお金の金額は当然セックスする時には、セックスをする場所が必要になるのでラブホテルに行きますよね。そのホテル代も当然男性が支払うのが条件という意味です。
まぁ、最近はラブホテルの金額も5千円前後と安くなってきているので、それほど負担にはならないはずです。
では、逆援助交際はどうなのでしょう?あまりカキコミで「ホ別」という言葉は見かけませんが、
当然逆援助交際でもホテル代を支払うのは男性ではなく女性です。
しかし、逆援助交際の場合はラブホテルでセックスする事は少ないようです。経済的に余裕がある女性が多いという事もありますが、
女性からセックスを誘っているので、あまりに露骨にラブホテルに行くのは抵抗がある。
もちろん自宅に連れ込むわけには行かないので、ホテルには行くけれど、ラブホテルではなくシティホテルや高級ホテルに行く事が多いようです。
そうなると当然ラブホテルのような金額ではなく、ホテル代にも数万円はかかるでしょう。
報酬金額は援助交際の5〜10倍で、さらにホテル代も高いとなれば、逆援助交際はすごくお金がかかりますね。
だからこそ、ごく一部のセレブの女性しか逆援助する事が出来なくて、全体数が少ない、男性の競争率が高いという結果に繋がるのでしょう。
男性的には援助交際と同額ぐらいでラブホでいいから、もっとお手軽に相手を見つけたいと思いますよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ